And so I watch you from afar / And so I watch you from afar


 アイルランドの4人組のインストポストロックバンドのデビューアルバム。EPの『This Is Our Machine以下略』を聴いて追いかける必要はないかと思ってたんだけど、お世話になってる某サイトで化けたとあったので聴いてみたら見事に化けてました。

 序盤はメタルやマスの流れを汲んだ硬質でソリッドなリフと、65daysofstatic系列の冷たくて尖った轟音ギターによる重く激しい攻撃性がとにかく主張している。65daysofstaticよりはメタルっぽい重量感もあって力強く、若干の高揚感も伴っているのが印象的。4曲目あたりから徐々にリリカルな要素も増やしながら適度に緩急を効かせつつ、最終的には開放的で壮大な轟音を着地点にするアルバム全体で大きな流れを持った構成。

 序盤の全力疾走な緊張感が結構凄くて、少し落ち着いてくる中盤で一気にだれてしまうのが難点。収録時間も1時間越えているので、つまみ食いは多いが通して聴くことはあまり無い。

 個人的には鋭く軽快なSA5000が概ね最高なんだけど、淡々としすぎて終盤が残念すぎるので、通して聴くなら高揚感の強いMS-PROが一番好き。また、両者の対照的なキャラクターが顕著に現れていて、聴いたときの印象が全然違う上、どっちも凄く良かったりして色んな意味で楽しい。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=7EOi91-Ge6c