Ineffable mysteries from Shpongleland / Shpongle

INEFFABLE MYSTERIES FROM SHPONGLELAND

INEFFABLE MYSTERIES FROM SHPONGLELAND

 サイケデリックトランス大御所の4枚目。Shpongleじゃなければ間違いなく避けるジャケット。流石です。

 最初こそDMTを思い出すような、黒くてどっしりとした調子で始まるが、全体的には2枚目『Tales from ...』から民族音楽要素を薄めて透明感を持たせ、あまり極端に緩急をつけずにどっしり落ち着かせたような印象。リズムがロックっぽいもっさりした感じが多いことも手伝って、かなりYounger brotheっぽくもある。また、民族音楽要素をインド〜東アジアあたりで固めているように感じられ、透明感と熱っぽさの対比と言う形でアルバムのテーマは比較的統一されていると思う。

 ボーカルが純増しているのか、あるいはインストパートが印象に残りにくいのか、歌ものとしての側面が強くなったように感じる。個人的にはShpongleのボーカル曲はあまり好みではないのでちょっと不満を覚えていたりする。

 中域にある程度の太さと熱量があって、かつ高音は繊細に鳴らすバランスが自分の好みっぽい。現環境だとMS-Proが頭一つ抜けている。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=a1t__iehNYw