Musical / クラムボン

Musical

Musical

 買っちゃった。

 クラムボンの現時点での最新作。前半は「にぎやか」あるいは「華やか」という形容をしたくなるポップ色の強い曲が続き、初期の、特に『ドラマチック』あたりに近い印象を受ける。後半は『id』以降のだらだらした柔らかい質感を強調したもの。

【前半】
 初期に近いとは書いたが似て非なるもので、軽い質感でバカスカ叩きまくり自己主張しまくりのドラムと力強く響く攻撃的でぶっといベースはこれまでのクラムボンには無かったものだと思う。キーボードのカラフルな音色でなく、リズム隊によって騒がしい空間を作り出している姿は新鮮。

【後半】
 これまた過去のクラムボン像と同じようでもやっぱり変わってる印象。これまでは明るめのニカ〜ポストロックあたりの影響が強いと思っているんだけど、今回はPolarisとかFishmansに近い質感になったように感じる。優しさ柔らかさよりもゆらゆらだらだらが強い。ダブ?

【総括】
 総括というほどでもないけど自由に書いてたらここにも小見出しが必要になりましたとさ。前半と後半で落差が大きくとっちらかった印象はどうしても受ける。でも曲単位で聴くアルバムというわけでもなく中途半端で、悪くは無いけど良いとも思えない。なのになぜか気が付いたらこのアルバムに手を伸ばしてる。意外と長い付き合いになりそう。

 MySpace
 みつかりませんでした。