ライブの感想(2017年4月~6月上旬)

sora tob sakana band set(2017年4月恵比寿LiquidRoom)

音が悪かったのでまともな音響でもう一度見たい。自分の位置が悪かっただけかと思ったが、中盤で一回立て直したと思ったのに2、3曲したらまた崩れたって思ったからやっぱ普通に音悪かった。ただ、ボーカルだけは調整どうこうよりマイク自体の問題っぽくて無線マイクが思った以上に音響的に不利な印象。踊る関係上無線マイクほぼ必須なのが辛いところで、ならバンドセットでないsora tob sakanaは見なくていいかな思った。

 

Why?(2017年5月 新代田Fever / 渋谷O-nest)

今年のベストアクトは思い入れ補正も含めてFeverでのWhy?です。てかライブで初めて泣いたよ。自覚無かったけど急遽O-nestのチケットまで買っちゃうぐらいにはWhy?が大好きなんだって思った。それとO-nestでは反響強めの調整して差別化してたので一概に比較できないけど、Feverの音響がたぶんかなり良いってのもこれだけ刺さった要因だと思う。全体的にCDよりも音スカスカでDIYっぽい印象で、それがむしろWhY?っぽくてかっこよくて、でも音響的にはたぶん贅沢。それとアンコールで4人が1本のマイク囲んで楽しそうに歌う演出があまりにも卑怯で卑劣極まりないのでまた来日して下さい。FeverでもO-nestでも歓声のピークはアンコールだったし。多分かなり高いマイクじゃないと無理だよね、アレ。

 

toe(2017年6月 恵比寿LiquidRoom)

American footballの前座。当日までワンマンだと思ってたから嬉しいサプライズ。ドラムが控えめでギターが大きめな音量バランスになってて少し新鮮だったけど、ちょっと短くて残念。

 

American football(2017年6月 恵比寿LiquidRoom)

 2年前、これを逃すと一生後悔すると不退転の覚悟で有給を取ってまで見に行ったら、わりとあっさりと再来日を果たして嬉しい誤算。アンコールというよりは2部構成で、最初は新作の曲のみで引っ込んで、まあ最近新作の方ばかり聴いてたし、最後アンコールでnever meantで締めでも十分満足と思ったら4曲ぐらいやってこれまた嬉しい誤算。新譜の曲もも大好きだけど、やっぱポストロックに引きずり込んだ1stの曲は特別扱いしてしまう。それと恵比寿リキッドはsora tob sakanaが初めてだったので音響的に不安があったけどtoeもAmerican footballも普通に音が良くて杞憂だった。

 

Jizue(2017年6月 代官山Unit)

Afterhours以来2ヶ月ぶりのJizueは相変わらず凄かった。とりあえず新曲が凄く良くて期待値上がってるんで新しいアルバム早く出してください。それと時間的に物足りなかったAfterhoursや、ペース配分が大変であろうワンマンで見た時よりも、今回ぐらいの長さと勢いが丁度良いなと思った。終盤「吐きそう」連呼してアンコール後ダッシュで消えた、オーバーペースであろうドラムの人の事は黙殺して、次も機会でもこれぐらいテンションの高いライブを期待してしまう。

Ten / cLOUDDEAD

f:id:yu-za-mei:20170526184534j:plain

アメリカの3人組の2004年2枚目。アングラヒップホップでも傍系だとは思うけど自分の中のヒップホップの基準になってる1つで、この辺から入って裾野を広げることでKendrick Lamarとかも抵抗無く聴けるようになったので、まあそれなりに思い入れがある。聴いた当時はヒップホップっぽくないと思ったけど、今では自分にとってはコレがヒップホップなんです。というかcLOUDDEAD自体もだけどメンバーがまた凄くて、Yoni Wolf(Why?, Hymie's basement)にDoesone(Subtle, 13&god, Themselvs)にOdd Nosdam(そんなに聴いてない)とメンバー掘るだけでしばらくお腹一杯になるくらい楽しめるので、ポストロックやインディーロック好きにとってのヒップホップへのとっかかりとしては有りだと思ってる。ちなみに1stはかなりサイケデリックな作風になっていてどちらが好みかは人によると思う。自分はキャッチーな2ndの方が好き。

 

続きを読む

Image / Maison book girl

f:id:yu-za-mei:20170516214606j:plain

現代音楽系アイドルの2017年フルアルバムとしてはたぶん2枚目。アイドル界隈も極北まで来たかというとそんなこともなく(ノイズは理解を諦めたのでBis階段は黙殺)、現代音楽と言ってもSteve Reich等のミニマルミュージックに基づくもので、武満徹(CDレンタルしたけど即返却)とかのニカや音響系と親和性が高そうなガチでとっつきにくい方の現音要素は皆無。ただ、ミニマルというには曲が短く適度にブレイクを差し込んでいて反復が足りず、個人的には多彩な楽器によるリフロック的な印象を受けた。10分のインスト曲をぶち込んだりボーカルが引っ込み気味な音量バランス等、他のオルタナやポストロック等を取り込んだニッチ向アイドルの中でも一際アイドルという枠組み自体に無頓着で、個人的には馴染みやすいのでウェルカムなんだけどそれでいいのかと思ったり思わなかったり。

 

続きを読む

Close to the edge / Yes

f:id:yu-za-mei:20170509002259j:plain

少しずつ古い記事のタグ整理をしてたら、Yesに関して見事に定番アルバムを避けていたのに笑ったので今日はYesの日。イギリスの5人組のプログレバンドのメンバー的にたぶん全盛期な1972年4枚目。大曲志向が始まったアルバムで40分全3曲。正直昔はあまり好きじゃなかったけど少し考えが変わって、他のYesの作品よりも要求するオーディオ環境が高く、ある程度の環境が無いと良さが分かりにくいクラシック(想像)みたいなわがままなアルバムという評価に落ち着いた。CD側もある程度の音質を要求されるが、アホみたいにリマスターされてる最近のやつなら外れは無いだろうとも思う。中身は定番のプログレなのでプログレに興味があるなら入口に最適な1枚。ただしポストロックやマスロック慣れしてるならすっとばしてMike OldfieldやMagmaあたりから入った方がなじみやすいと思う。

 

続きを読む

祈りでは届かない距離 / Jyocho

f:id:yu-za-mei:20170506031104j:plain

宇宙コンビニのギターの人のプロジェクトの2016年1枚目。編成にフルートが入ってるのが特徴的だが、メンバーは流動的みたいで今後も同じ方向性かは未知数。全体的には女性ボーカルもあって宇宙コンビニの延長線上にある印象。ただ、あからさまにギターの主張は強く好き勝手やっていて、音数多過ぎかつ、ややこしい事し過ぎてなんとなく聴いてると右から左に流れるパターンに突入したように感じる。それと音色がよりクリーントーンな感じなって、マスロックよりはAntoine Dufour等のアコギインスト勢に近づいた気がする。個人的には唐突に感じる展開が減っていて、アルバム全体の印象としては宇宙コンビニよりも好み。

 

続きを読む

Made of breath only / Sleepmakeswaves

f:id:yu-za-mei:20170503012438j:plain

オーストラリアの4人組の、今一番来日してほしいポストロックバンドの2017年3枚目。初期65daysofstaticのフォロワー路線は継続して、相変わらず高水準な内容になっているとは思うものの、前作「Love of cartography」で上がり切った期待値を超えることはさすがに難しかったという印象。まあ変化を付けないと前作超えるの無理だろうとも思うけれど。硬質なリズム隊に全体的に轟音パート多めのわかりやすい構成自体は同じなんだけど、なんか壮大になった代わりに冗長になってて求めているものと違うというか、個人的にsleepmakeswavesにはカタルシスよりも、轟音気持ちいいとインスタントに楽しめる感じが欲しいです。

 

続きを読む

The best planet ever / Wuja bin bin

f:id:yu-za-mei:20170501015803j:plain

日本の13人編成の大所帯バンドの2017年3枚目。リーダーはBeat crusadersの元メンバーらしいけど宣伝効果は下手するとマイナスじゃないかと思う。かくいう自分も前作『Inaka jazz』をタワーのインストポストロック用試聴機で目にして、棚間違ってるぞと冷やかし半分で試聴して棚合ってましたと平謝りしながらCDを手にしたクチ。でも今作の方が好き。よりキャッチーなFrank Zappaを目指してるっぽい気がするけど、Frank Zappaを2枚しか、それもろくに聞いてない自分にはCaravanやNational health等のカンタベリー系をアッパーにした印象。暖かい音を基調に、なんか複雑な事してそうだけどなんとなく聴く分には特に難解さは感じず、でもたぶん複雑な事してるから全然頭に残ってなくて、なんかハッピーだったなとぼんやりした輪郭が残る、前作も今作もそんなアルバム。違いは今作は前作よりなんか疾走感あるなってぐらい。

 

続きを読む