読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年良かったアルバム

音楽 年間ベスト

備忘録を少し真面目に書き直し。過去の記事の投稿日が2014年3月末だから2013年度が厳密な定義。Shpongleの新譜にOPN、Mirrorとの出会いと頂点は2016年より凄い。それと本格的に邦楽ロックに本格的に回帰し始めてるのがうかがえる。

 

Museum of consciousness / Shpongle

f:id:yu-za-mei:20170111014329j:plain

初めて1stを手にした時は、この凄い音楽がこんな変なジャケットに納められてるのは詐欺だと思ったが、5枚目ともなるとShpongleの奇数枚目はこれじゃなきゃとなる不思議。2012年Younger brother、2013年ShpongleとSimon Posford関連の立て続けの新作にホクホク。個人的に前作が悪くは無いもけど過剰な期待に対してはやや拍子抜けだったけど、今作はバッチリです。民族音楽電子音楽とその他もろもろを混ぜた、チルよりのゴアトランス。

 

 

R plus seven / Oneohtrix point never

f:id:yu-za-mei:20170111015518j:plain

2013年出会えて良かった級のニカ系のプロジェクト。現代音楽っぽい電子音を多用したした、コラージュ的なぶつ切りとミニマルを混ぜた曲調だが、そんな事より音がとても綺麗なのがグッと来る。ニカというジャンルは曲や構成以外に、音そのものが刺さるかの重要度が他ジャンルより大きいというのが、頭ではなく心で理解できたアルバム。それでもしんどいから聴く頻度は多くないけれど。

 

A piece of the world / The flickers

f:id:yu-za-mei:20170111023422j:plain

2016年に新作出してたけど直後に解散しちゃってたよ。まあ『At first light』や『Underground pop』を聴いた時に、本作で出し尽くしちゃってこのまま舵取りに失敗すると出涸らしになりそうだとも感じてたので、驚きは少ない。その分本作は凄いと思います。New orderとかのチープな電子音と、ぼそぼそ歌ってたら突然叫び出す緩急のついたボーカルを特徴としたわかりやすいダンサンブルなロック。

 

Turbines / Tunng

f:id:yu-za-mei:20170111205230j:plain

前作同様ジャケットはゴアトランス/サイトランスっぽいけど中身からは電子音が抜けてフォーク要素が濃縮されたTunngの5枚目。そろそろ新作出してもいい頃じゃないでしょうか。アコースティックな要素が減って音が少し華やかになった気がするけど、基本は落ち着いたフォーク系の音楽。それとたしか正式メンバーになった女性ボーカルが少し前に出た印象。Tunngは良くも悪くも安定して聴けるので、安心感がある。

 

【2012年以前の良かったアルバム】

On, then, in / mirror

f:id:yu-za-mei:20170111205203j:plain

2013年出会えて良かった級その2。インストロックバンドの2007年1枚目。邦ポストロックアルバムの頂点というとBOaTの『Roro』とこれになる。2014年にリマスター盤が出たのを確保したけど、年度末に年間ベストの一覧を作ったので2013年枠に入っちゃってる。Monoよりはtoeよりのアルペジオと変則的なリズムが主体とした技術志向強めの方向。抒情性と攻撃性を小刻みに降ってくる曲構成には轟音とはまた違ったカタルシスがあってたまりません。

 

Blue building blocks / How to count one to ten

f:id:yu-za-mei:20170111205308j:plain

日本のインストポストロックバンドの2012年2枚目。他に出してる2枚がぶっちゃけ地味なアルバムなのに比べると本作は少し毛色が違い、フレーズや構成等が華やかでわかりやすくキャッチーなアルバムになっている。基本的にはアルペジオ主体のミニマル色が強く、ギターが3人いることもあって音の重なりが煩雑なような、そうでもないような。他の2枚も嫌いじゃないけど、これぐらいのわかりさがある方が好きです。

 

Renaissance / ソノダバンド

f:id:yu-za-mei:20170111210117j:plain

日本のインストバンドの2010年メジャー1st。編成にバイオリンとチェロが組み込まれてるのが特徴的な、サントラとかBGMとかにも使えそうな綺麗系のインストロック。この時は最新作だった『火の玉』と一緒に買って、『火の玉』が残念な出来なのに対してこっちは結構好みで、他を揃えるか悩んでたら解散しちゃった。

 

Weather systems / Anathema

f:id:yu-za-mei:20170111210158j:plain

イギリスのメタル系のバンドの2012年のアルバム。余所の2012年ベストで見かけジャケットも印象に残って気になった。いざ聴いてみるとなるほど、少しメロディが臭いのが気になるがポストロック的な綺麗系の轟音を取り入れた壮大でかったるい、なかなかに良いアルバムだと当時は思った。でも現在は次作『Distant satellites』の方ばかり聴いてます。これの方がキャッチーで人気があるとは思うし、良いアルバムだとは思うけどね。