読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Installation / Lite


 日本の4人組のポストロックバンド。2013年4枚目。

 シンセによる華やさと変拍子を多用した軽快さを特徴としたインストロック。今作はフレーズ等のミクロな面では複雑化に一層拍車がかかった一方で、曲単位でのマクロな面では緩急が減ってむしろミニマルになった印象。全体的にマスロック色が強くなり、BattlesやAucanの路線に近づいたように感じる。

 シンセの音は前作に比べたらむしろ減っているんだけど、代わりギターの音作りがそっちよりになっていたりピアノ等他の楽器が増えていたりと、曲調の多彩さもあってキラキラした印象はむしろ強くなった気がする。代わりに攻撃性やカタルシスといった要素が薄くなっているのが個人的には少し不満。

 前作『For all the innocence』の方が好きかな。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=BlWiRjIcjOk