読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just to feel anything / Emeralds


 アメリカの3人組のユニット。2012年2枚目。結構お気に入り

 2曲目『Adrenochrome』の、シンセによる無機質、無感情なリズムの反復 + ジャーマンクラウト感漂うサイケで情熱的なギターという組み合わせが、個人的にはなじみのなかった事もあり、初めて聴いたとき驚きと興奮で変な笑いが出た。

 他はアンビエント、ドローン色が強いものと、チップチューン風の安っぽい曲調が目立つが、どちらもサイケなギターが存在感を出しているのが印象的。前者はともかくチップチューン+クラウトってのも初体験だったので興味深かった。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=otphsTWroSc