読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

For all the innocence / Lite


 日本のインストバンド。2011年3枚目。期待値を大きく超えていて、嬉しい誤算だったアルバム。

 前作までの流れとは結構変わっており、シンセが入ってマスからポストロック路線に転向。変拍子ポリリズムを多用した技術志向の強さを残しつつ、シンセによって音が華やかになり、ループ感が強くなった印象。また、意図的に音を割っているギターから轟音みたいな陶酔感も感じられて、似たような例を知らない事もあって、目新しくて面白いと思った。

 ノスタルジックな一面もあったりと、Battlesよりは、攻撃的なFrom monument to massesといった印象。個人的にはしばらくこの路線を続けて欲しい。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=pe0pBG0voAo