読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Relayer / Yes


 代表的なプログレバンド。1974年7枚目。

キーボードの人が本作でのみ参加の人なので、その辺がたぶん本作を特徴付けている。クラ、シンフォっぽさがごっそりと抜けて、鋭角的なギターが目立つようになり、輪郭がハッキリしたように感じる。代わりに幻想的な雰囲気は著しく減衰し、ハードで攻撃的な面が強調されたアルバム。

 いつも通り40分全3曲の大艦巨砲主義。2曲目『Sound chaser』が全体的にフュージョンっぽかったり、ケチャを取り入れてみたりと、Yesっぽくなさが目立つので印象に残りやすい。個人的には静と動の対比が極端な1曲目『The gates of delirium』がYesの中でも特にお気に入りの曲の一つ。3曲目はちょっと印象が薄い。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=OI9ZGTO9eVc