Tripper / Efterklang


 大所帯ポストロックバンドの1st。2004年ぐらい。新作から順に遡る聴き方したけど、2ndとはそれなりに違っていて、結構変化の激しいグループだと感じた。

 コーラスワークやホーン、ストリングス等、クラシックの要素を多分に取り入れた、やたらと荘厳で分厚く、でも妙に暗いポストロックな感じなのは2ndと同じ。でも、壮大さは2ndほどではなく、代わりにグリッチなノイズがやたらと目立つ。ニカとクラシックの融合を目指し、ついでにフォークも少し混ぜてみたって感じの印象。

 前半は電子音のリズムが印象的で、どちらかというと明るめの、どんどん拡散していくイメージ。後半は打って変わって一気に暗く悲壮感が濃くなり、徐々に収束していく印象を受ける。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=eNdTEv_-04M