Magic chairs / Efterklang


 デンマークの大所帯ポストロックバンドの3枚目。2010年。男女ボーカルで、大体の曲に声が入っている。前作に比べると軽くてポップに、コンパクトで聴きやすくなったらしい。

 トラッドとクラシックの色彩が強い。シンフォ系プログレアンビエントを抱き合わせて、前者のスケール感だけ残したような印象を受ける。軟らかく牧歌的な雰囲気にリラックスする一方で、色彩豊かで幻想的なハッタリにカタルシスを感じる。中盤で一度落ち込むが、基本的にゆったりとした開放感が魅力的なアルバムだと思う。

 何曲か入っている、男の人が裏声やめて低い声で歌っているトラッド寄りの曲からTunngっぽい印象を受けたりもする。

 MS-Pro、HD650が好み。密閉系は合わない。HD800、K701で聴いてみたい。
 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=qDKTU7oVdqU