読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SR-71A(Ray Samuels Audio)所感

オーディオ

 4〜5万クラスのポータブルヘッドホンアンプ。嘘か真か公式エージング時間が100〜200時間らしいので、1年ぐらいしたら書き直すかもしれない。

 頑張って聞き比べてみたが、悲しかな自分の耳ではiPod直挿しと全く区別がつかなかった。使用したDAPはiPodClassic、イヤホンは10proとUM3X、音源は320kbpsのMP3。

 わかったのは音量差による印象の差が予想していたよりも非常に大きく、事前に音量をある程度調整しておかないと比較しても意味が無い事と、音量調整作業加えると聞き比べはとても面倒だという事。ずっと使っていればそのうち違いがわかるようになるのだろうか。

 iPod直挿しだとUM3Xの音量を絞りきれない時があるので、無いとそれなりに困る。

・取り回し関連ちょっと追記(2010.10.17)
 大きさはボリュームつまみのでっぱりを含めてiPodClassicを2枚重ねた程度。本体重量は軽いが電池が重い。実質9V電池2個分の重さ。電池室は噂通り狭く、無理につめて取り出せなくなること一回。ビニールテープを爪楊枝を使って電池側面に貼り付けて引っ張ればなんとか取れた。せん断力万歳。出力端子の接触が悪くていつもドキドキ。結局延長コードを常時かますことにした。電源オンオフ時に毎回バチンとノイズが入るのが地味に不快。