tinfoil on the windows / soso

tinfoil on the windows

tinfoil on the windows

 カナディアン・ヒップホッパーsosoの3rd。

 凄く暗くて陰鬱でお先真っ暗だった2ndがちょっぴり成功しちゃって救われちゃったのか、今作も基本ダウナーでかったるい根暗音楽ではあるものの、圧倒的な多幸感に包まれる救いの音楽になったように感じる。

 全体を通してギターが目立っている反面、ビートはほぼ皆無でエレクトロニカよりもポストロック色が強い。ゆったりしたテンポでだらだら盛り上がり、最終的に神々しさやスケール感を印象付ける曲が多く、それに裏声多用する歌い方も重なってSigur rosに近くなった印象。それとギターがちょっとだけ後期Pink floydっぽくて、壮大さを感じる一因になっている。このアルバムだけ見るならヒップホップとしてよりもラップを個性とするSigur ros系列のポストロックとして聴いたほうが素直かもしれない。

 この手の音楽って聴いてる途中で胃がもたれてくるほうで、これも例に漏れず最初は良いんだけど段々しんどくなってくる。でも、曲単位で見るとかなり良いと思えるだけにちょっと残念。

 MySpace
 http://www.myspace.com/sosososo