Skillkills

■ Black mutant


 日本の4人組のヒップホップのバンド。2012年2枚目。かなり好きかも。

 音は結構違うんだけど、向いている方向は54-71に近いというのが個人的な印象。変拍子を多用した音数絞り気味の引き算なリズム隊に、ポエトリーリーディング気味に詰め込んだ足し算なラップの組み合わせ。それに不気味なシンセがとりあえず不安を煽っていく系。ギター不在なことが多くて相対的にベースの主張が強いこともあってか、終始黒いイメージで一貫している印象。

 前半は比較的賑やかで派手な曲が中心でわりとキャッチーな印象。後半は不気味さ優先のアヴァン寄りの曲が増える。個人的には要所に挟まれた変拍子フレーズの反復を全面に出した曲がお気に入り。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=Nx4ng7GTwKM

2013/04/09 


■ Illgenic


 日本の4人組の、ロックとヒップホップのあいのこみたいなバンド。2014年3枚目。これはけしからん。

 変則的なリズムを音数を絞ることで強調し、そこに無理やりラップを被せていくという、自分にとってのSkillkillsらしさを前作『Black mutant』以上に突き詰めたアルバムという印象。結果的に勢いやキャッチーさといった要素は薄くなり、若干おとなしくなった印象を受けるものの、期待通りの内容で個人的には大変満足。チップチューンを連想させるチープで、だけど不気味なシンセも健在で言うことなし。

 終盤あたりではやり過ぎてアヴァンギャルドに漸近しちゃってて、行くところまで行った感があり、次がどうなるかが楽しみでもあり不安でもある。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=DgnhxYSvd10

2014/04/16 


■ Ill connection


 日本の3人組のロックとヒップホップの間ぐらいのバンド。2015年4枚目。

 前作『Illgenic』で到達点に達してしまった感じだったためか、少し方向性を変えてきた印象を受ける。変拍子と不気味でダークな要素を好む根幹部分は変わらず、ボーカルの音量が絞られてラップの要素が薄くなり、代わりにシンセが強く主張するようになってバンドサウンドからも離れ、電子音楽的な側面が強く出ているように感じる。

 ここから煮詰めていくんだろうけど、個人的には前作の方が好きだった。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=Lpw3nfSyn1I

2016/01/10