OOIOO

■ Feather flout


 Boredoms関係のアヴァンギャルドなガールズバンドの2枚目。1999年。

 自分が反復系の音が好きってのもあって、以降の2枚に比べるとアヴァンな要素が少なくダンスミュージック、バンドサウンドが前面に出てい本作が一番とっつきやすく好みでもあった。1stと最近のは知らん。個人的にはNeu!にサイケと民族音楽を足したような印象。

 序盤はミニマルなサイケで軽快かつリズミカル。ハンマービートだったり民族音楽的なパーカッションだったりと雑多な変化をしつつも、軽めでキラキラした音でちょっぴりコミカルな雰囲気の妙な統一感がある。後半はゆったりしたスペイシーなサイケが中心となり、前半とはまた違った感じ。後半の方が以降の作風に近いと思う。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=X9i2i07wPUw

2011/04/11 



■ Gold & Green


 日本の4人組のBoredoms関連のバンド。2000年3枚目。山をテーマにしているらしい。

 民族音楽的な打楽器とミニマルな反復を中心としたサイケデリックな音楽。ボーカルは結構入っているが非常に楽器的な使われ方。前作『Feather float』がカラフルで派手な即効性の強い作風だったのに対し、今作は打楽器の比重が強くなったこともあって民族音楽っぽさが強くなると共に、素朴で牧歌的な雰囲気で統一されている印象。

 コンセプト作品っぽい構成で、静かな立ち上がりから徐々にテンポ、音数が増えていき中盤から後半にかけてアッパーな曲や展開が増えていく。個人的には最初の方が少しかったるくて、前作よりとっつきにくいように感じた。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=EKphF2E0_lI

2013/04/24