Atoll

■ L'araignee mal


 フランスの5人組ぐらいのプログレバンド。1975年2枚目。

 前半と後半で結構温度差があり、前半はジャズやフュージョンからの影響を受けた、技術志向が強く即興的なソロパートを繋いでいく構成と、攻撃的なバイオリンを擁した編成を特徴としたインストが中心。個人的にはカンタベリーにMahavishnu orchestraっぽさを少し足したような印象を受けた。後半は組曲ということもあってか、幻想的で不気味な雰囲気を持ったシンフォっぽい曲調となる。

 個人的には前半の方が好み。ただ、手持ちのはちょっと音質悪い気がするのが残念。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=unnXlcWnSks

2013/04/15 


■ Tertio

 フランスのプログレバンドの1978年発表の3枚目。プログレバンドの多くはこのあたりの年を音の質感が大きく変わっているイメージがあるが、このバンドも例に漏れず、音が前作よりも垢抜けて派手になった代わりに若干軽くなったように感じる。

 ジャズ色が薄くなって、緊張感や攻撃性が弱くなったかわりに、構築美や荘厳さが目立つようになり、良くも悪くも様式美プログレに一歩近付いた印象。ついでにボーカルも増えて全体的にキャッチーでポップになった。

 個人的にAtollはずっとインストしてるより2nd『夢魔』よりも適当にボーカルがでしゃばってる1stや3rdの方が好み。

 YouTube
 http://www.youtube.com/watch?v=dpgsoUO1aSs

2009/12/14