season for reading / e;in

日本の4人組のインストポストロックバンドの2015年たぶん1枚目。個人的にはtoeとmirrorの中間あたりに立ち位置を置いた、良くも悪くも様式化した邦楽ポストロックといった感じのアルバム。クリーントーンを基調としたギターx2を主軸に、適当にマスロック的な…

Codex VI / Shpongle

イギリスの2人組のアンビエントサイケのユニットの2017年6枚目。特別に贔屓しているグループの一つなので期待値は高いが色眼鏡も濃くて、今回も凄く良いアルバムだなと思う一方でShpongleならこれぐらい当然だよなとも思ってしまう。まあ1st2ndが出会えて良…

In the right place / Wanna gonna

日本の5人組のロックバンドの2017年ミニアルバムとして1枚目。アメリカンルーツミュージックがどうたらこうたららしいが自分はその辺ノータッチで現在に至るため、単純に70年代日本語ロックの雰囲気が強くでているという印象で、曲によっては例外もあるけれ…

Shadow work / Mammal hands

イギリスの3人組のたぶんジャズ系グループの2017年3枚目。安定してけしからんアルバムを出してくれて嬉しいです。知ったのは最近だけどね。サックス、ピアノ、ドラムというやや変則的な編成で、ミニマル要素をふんだんに取り入れたジャズという作風は前作『F…

Keep on / uchuu,

日本の4人組のロックバンドの2017年ミニアルバムとして3枚目ぐらい。5人組だったはずだけどキーボードの人が抜けた模様。その割には内容的にはこれまでよりも電子音楽的な要素が増えてデジロックというか、ダンスミュージック的な印象が強くなったように感じ…

Bahamas fest 2017 感想(抜粋)

存在を知りつつも様子見をしていたマスロックを中心としたバンドが揃うイベント、通称マスフェスをついに体験する。2ヶ所を往復するだけのため、入場規制等は読みやすいけど、新宿Motionの位置エネルギーの高さから頻繁い移動するのは少し躊躇してしまう。そ…

Verse / People like you

アメリカの5人組のマスロック、インディロック系のバンドの2017年2枚目。けしかんらん。手持ちの中の印象だと初期Maps & AtlasesとGDJYBの中間的な内容に少しAmerican football(ホーンが入ってるだけな気もする)を混ぜたような印象。マスロック的な手数過多…

ライブの感想(9~10月)

一部ただの愚痴。非公開のままの方がいいんだろうけど公開されることで発散されるストレスもあり、マスフェスの時に割り切れるようにするための儀式でもある。 Telefon tel aviv(Live space conpass) 東京公演が出張で潰されたけど出張先で突撃できたのが不…

Destroy noise symphony / 非常階段

日本のノイズバンドの2017年何枚目かは不明。コラボ作品ばかりで新作としては久しぶりらしいがよくわからん。昔、灰野敬二とか暴力温泉芸者とかも聴きかじってノイズは理解不能と諦めた中でも非常階段は奇行のクローズアップが強くて音源的な評価は特に懐疑…

Hermitage / Jambinai

韓国の3人組の、えーと、民族音楽とメタルとサイケや即興要素の入った、よくわからん系バンドの2016年2枚目。大体インスト時々ボーカル入り。韓国産ということで正直k-popという無関心な分野の印象が強く、買わなくていい事を確認するためという負のバイアス…

碧い家で僕ら暮らす / Jyocho

宇宙コンビニの人を中心としたプロジェクトの2017年2枚目。前作『祈りでは届かない距離』がかなり良かったけど、それっきり音沙汰無しとなってもおかしくないと思っていたので、ほぼ同一メンバー(たぶんボーカル以外前作と同じ)で今作が出たことが今後の展開…

Testarossa / Yoni & Geti

アメリカの二人組のプロジェクトの2016年1枚目。Why?のYoni WolfとSerengeti(未聴)という二人組で、Why?の新譜『Moh Lhean』が凄かったので少し調べたらこんなのをいつの間にか出していてガッツポーズ。中身はWhy?の『Mumps Etc』をヒップホップ側にさらに寄…

Lighter / Crck/lcks

日本の5人組のポップス系バンドの2017年ミニアルバムとして2枚目。紹介文にはジャズ系の凄い人達が集まったとか書いてるけど、観測範囲が違ってて誰一人として知らんから暗号文にしか読めんという良くあるパターン。昔ならYoutube使って暗号解読しようと思っ…

Floa / Mammal hands

イギリスの3人組のジャズ系というか、ジャズでいいのかなコレ。ジャズ全く聴かんからわからんけどそれ系バンドの2016年2枚目。最近一番聴いてる実にけしからんアルバムで、サックス、ピアノ、ドラムというベース不在の変則編成とミニマル要素の強いジャズと…

War inside you / Storm of void

日本の二人組のインストバンドの2017年フルアルバムとしては1枚目。わりとけしからんアルバムで年間ベスト候補のようなそうでもないような。片方はenvy関連の人らしいがenvyは2枚しか持ってないからよくわからん。重めの音とそこそこのテンポでくどめにリフ…

Awake / Tycho

アメリカのScott Hansenのプロジェクトの2014年3枚目。これまではソロプロジェクトだったのが事実上3人組のバンド編成に変わったこともあって、今作を境に大きく方向性が変わっている。前作『Dive』ニカ色が強い静的な印象だったのが一転、ポストロック色の…

Valkyrie / amiinA

ポストロックっぽさのある日本の二人組のアイドルユニットの2017年ミニアルバムとして1枚目。アイスランドのamiina(未聴)とはたぶん関係ないけど、こちらもポストロック、ニカ系なんでそのうちアルバム欲しいなと思いつつ後回し。前作『Avalon』以上に(アイ…

Symphony / Homecomings

日本のポップス・ロックバンドの2017年作の何枚目かよくわからんミニアルバム。1個前の『Sale of broken dreams』がちょっとだれたので個人的にはこれ系はこれぐらいの長さが好み。シティポップ的なおしゃれさと70年代サイケっぽい気がするけだるさが混ざっ…

American football / American football

アメリカのエモ・ポストロック系バンドの1999年1枚目で、自分のポストロックの原風景。自分が手にしたのは2005年頃ぐらいだったけど、当時はOwenが在籍していたバンド程度の扱いだったのがいつの間にかエモの金字塔扱いになっていて困惑したと、どうでもいい…

Factory / 東京塩麹

日本の8人組のミニマル系のユニットの2017年フルアルバムとして1枚目。ototoyの記事で目についてYoutubeで視聴して、実にけしからんと即座にハイレゾ買って音源垂れ流し、これは定点観測せなあかんとメモを取る。つまり年間ベスト候補。ジャズよりの人力ミニ…

Newtown / Toconoma

日本の4人組のインストバンドの2017年3枚目。元々はJizueやBohemianvoodoo等と同系統のジャズ要素を取り入れたインストバンドって感じだったけど、作品を重ねる毎にビート感の強いダンスミュージック的な側面が強くなってきて、それらとは剥離してきた印象。…

American football 2 / American football

アメリカの4人組のポストロックバンドの2016年2枚目。いつの間にか1stがエモの金字塔とか言われてるけど私にとってはポストロックの金字塔です。正直再結成して来日してくれただけでも夢見心地だったのに新作も出て再来日も果たし、これからも精力的ではなく…

Check the shadow / Dalljub step club

日本の4人組のロックバンドの2017年2枚目。かなり好きかも。ざっくりと言えば電子音楽要素が多く入ったテクノ色の強いロック。最大の特徴は電子音楽の中でもJuke/Footworkからの影響が強い点で、一般受けしにくそうな要素を上手い事ポップに落とし込んでて凄…

Nikki nack / tUnE-yArDs

アメリカのMerrill Garbusの個人プロジェクトの2014年3枚目。評判の良かっ たっぽい2ndの開放的でオーガニックな路線を延長するかと思ったら、ローファイ色の強かった1stに少し立ち戻り、結果、隙間を埋める中間的なアルバムになった印象。パーカッションを…

Spinal Reflex / Aureole

日本の6人組のロックバンドの2015年4枚目かつ最後のアルバム。残念ながら知った時には解散済だった。編成にフルート(シンセ兼任)とビブラフォンが入っているのが特徴的なポストロック寄りの頭でっかちなロック。ただし基本的にボーカル入りのため、ポストロ…

A7PHA / A7PHA

Doesone(Themselves他)とMestizo(未聴)の2人組によるプロジェクト。2017年1枚目。最近のDoseone参加プロジェクトであるNevermenではラップ色が薄かった反動か、こちらは全編通してラップ主体でヒップホップ色が強くなっている。キラキラとした要素も控えめで…

triology / クラムボン

日本の3人組のロック、ポップスバンドの2015年9枚目ぐらい。ニカ、ポストロックを通過してかったるさを感じつつも根底は綺麗なポップスなのは相も変わらず。ただ、前作から少し間が空いた影響か、より派手でキャッチーな方向に少し舵を切っていて、4th『id』…

Nevermen / Nevermen

アメリカの3人組のプロジェクトの2016年1枚目。3人というのがMike Patton(Faith no more(未聴)他)、Tunde Adebimpe(TV on the radio(未聴)他)、Doseone(Subtle他)という組み合わせで、知名度的には前者2人なんだろうけど私はDoseoneしか知りませんでした。な…

The last march / Conti

日本の2人組の2017年何枚目か不明な11年ぶりの新作。当然ながら今作で初めて聴く。シタール+ドラムでどちらもボーカル兼任のかなり変則的な編成で内容もなかなかに変態的。個人的にはSkillkillsとRuins(良さがよくわからん)の中間的な立ち位置にいるような印…

Cascades / High highs

アメリカのドリームポップ系のデュオの2016年2枚目。余所の2016年年間ベストを巡回していて気になった中でも特に当たりだった1枚で、端的に言うと実にけしからんアルバム。ただ、自分はドリームポップというジャンル自体がどちらかというと苦手なのでこの手…