Our latest number / toe

f:id:yu-za-mei:20180909145308p:plain

日本の4人組のロックバンドの2018年のミニアルバム。20分弱と少し短め。手数の多いドラムとクリーントーンで細かいフレーズを重ねるギターを中心としたポストロック的なインストを主体に、一部にけだるげなボーカル入りのウェットな曲調を加えたいつものtoeといった印象で、安心安全な高水準な出来栄えだと思う。前作『Here you』からゲストをごっそり抜いて今のtoeの音を純度高く出力されているように思えて、ボリューム面のもの足りなさを除けば、個人的にはかなり好きな作品。

Gentle giant / Gentle giant

f:id:yu-za-mei:20180906195805p:plain

イギリスの当時6人組のプログレバンドの1970年1枚目。様々な楽器を組み合わせているのにシンフォ感もジャズロック感もあるような無いような、これだという掴みどころが見えないアルバム。色々な要素をバランスよくブチ込んでるのかなあとも思う。で、わからんわからん言いつつも、なんだかんだキャッチーでそこそこ聴けるのが初期Gentle giantな印象。そんな初期Gentle giantの中でも比較的へヴィというか、重厚感の強い印象を受けるアルバム。ぶっちゃけ初期GGなら2ndや3rdの方が好きなので、そっちばかり今作はあまり聴かなかったりする。

Double rift / Crck/lcks

f:id:yu-za-mei:20180901172015p:plain

日本の4人組のバンドの2018年3枚目のミニアルバム。メンバーの多くが他の活動もあるとかで短期的、あるいは断片的なプロジェクトになると思っていたんだけど、ライブとかも含めて意外と精力的に活動していて嬉しい。内容的にはいつも通りの複雑怪奇そうだけどそれを感じさせないポップス。ただ、これまでよりは難しいそうなところが難しそうに聴こえる気がするので、ある意味わかりやすくなった気がする。細かい差異は素人なんでよくわからん。

Mr finish line / Vulfpeck

f:id:yu-za-mei:20180829204825p:plain

アメリカの4人組のミニマルファンク系のバンドの2017年3枚目ぐらい。ファンクは一要素としては好きだけど、それが主になっている音楽はあまり触れてこなかったこともあって新鮮かつ良いのか普通なのかよくわからん。ただ最近気になっているジャンルの一つであり、その中でこれは自分の期待しているファンク像とかなり合致するゴキゲンでノリノリな音楽を提供してくれてとっかかりにできそうに思う。一方でミニマル要素はそんなに感じなかった。