2013年良かったアルバム

備忘録を少し真面目に書き直し。過去の記事の投稿日が2014年3月末だから2013年度が厳密な定義。Shpongleの新譜にOPN、Mirrorとの出会いと頂点は2016年より凄い。それと本格的に邦楽ロックに本格的に回帰し始めてるのがうかがえる。

 

Museum of consciousness / Shpongle

f:id:yu-za-mei:20170111014329j:plain

初めて1stを手にした時は、この凄い音楽がこんな変なジャケットに納められてるのは詐欺だと思ったが、5枚目ともなるとShpongleの奇数枚目はこれじゃなきゃとなる不思議。2012年Younger brother、2013年ShpongleとSimon Posford関連の立て続けの新作にホクホク。個人的に前作が悪くは無いもけど過剰な期待に対してはやや拍子抜けだったけど、今作はバッチリです。民族音楽電子音楽とその他もろもろを混ぜた、チルよりのゴアトランス。

 

続きを読む

欲しいアルバム

メモ帳に残してたらいつも通り意味不明の暗号文になってきたからYoutube貼って思い出せるようにする。公開してるのはただの自己顕示欲。wavかflacで欲しいからとCDでの入手を優先してるけど限界を感じる。定期的に追加したり削除したり。

 

続きを読む

2012年良かったアルバム

過去の備忘録を少し真面目に書き直し。タワーレコードの一部の視聴機がやばいと学習し始めて邦楽にも手を付け始めた時期。Fort、Ningen OK、Traxman、Ulrich Schnauss and Jonas Munkとベストの半分はタワーに販促してもらった。また、Juke/footworkとの出会えて幅が広がったと感じた年でもある。

 

A new hope / Biblia

middle / Fort

f:id:yu-za-mei:20170106213823j:plainf:id:yu-za-mei:20170106213845j:plain

同じ人の別名義で同じ年に立て続けで出してて、多作な人だなと思ったらそれからパッタリと新作の音沙汰無し。何年か前にFort名義のライブを見た記憶はあるので、まだ活動はしてると思うし、どっちの名義でもいいから新作出して欲しい。Bibliaの方が華やかで昔は好きだったけど最近はFortの方が好きなでFortでお願いします。Bibliaはキラキラした電子音楽。Fortは大人しくポストロック寄りになった曲調。どちらも総じてキャッチーで聴きやすい。

 

続きを読む

2011年良かったアルバム

てっとり早く新規開拓する時はどこかに掲載されてる年間ベストを適当に漁るのが楽なので、自分の分も過去の備忘録をちょっと真面目に再編集。こうして見直すと2011年も凄い年だったと思う。今とは逆で邦楽全然聴いてなかったんだな。

 

Own your ghost / 13&God

f:id:yu-za-mei:20170108002428j:plain

特別扱いしてる人その1のDoesone関係。ThemselvesとThe notwistの合作でまさかの2枚目。Subtleは好きでもThemselvesはそれほどでもなく、The notwistも特別思い入れは無いけれど、その2組が組むと凄い事になってて未だに頻繁に聴いてるアルバムができちゃいました。1stよりはニカ色が減ってラップが増えて、全体的に聴きやすくなった印象で個人的にはこっちの方が好き。

 

続きを読む

2016年良かったアルバム

廻りのベストを見てるとモチベが出てきて備忘録的に毎年良かったアルバムだけ抽出後、2、3ヶ月更新を頑張り、飽きて放置のパターンが続くので、いっそ年間ベストだけ頑張る方針に変更。観測範囲において今年は全体的に高水準だったというか、凄かったです。これ以外でもATCQ、toconoma、rovo、uchuu、なのるなもない等、例年になく新しく買った音源を聴きかえした年だった。

American football / American football

f:id:yu-za-mei:20170105223311j:plain
新作出すほどガッツリ再結成してるとは思ってなかったのでうれしい誤算。自分のポストロックの原風景なので1曲目の途中で泣きそうになった。新規開拓に熱量があった時代にtoeMogwaiを少し聴いてポストロックを攻めようとなって、Sigur rosGastr del solMice paradeをスルーしてなぜAmerican footballに行ったのか、今思うと意味わからん。Owen以降ということで旧作より大人しい印象。それと久しぶりということで本人達もAmerican footballらしさを意識しているで、期待してるものが期待通り出てくる安心感。でも思い入れ補正が大き過ぎる1stを超える事はこれからも無いとわかったのが悲しくもある。

続きを読む

Owarase night / フレデリック


 日本のロックバンド。2015年3枚目ぐらい。前作『oddloop』というか、その中でバンドの代表曲になりつつある1曲目『オドループ』と従来の路線との擦り合わせを丁寧に行ったアルバムという印象。ライブ受けの良さそうなノリの良さと、ちょっとひねくれたヘンテコな感じを上手に合わせていると思う。言葉遊びや語感を意識してそうな歌詞もあって、Super butter dogと同じような変遷を辿ってる気がするなと、懐かしんだりそうでなかったり。


続きを読む

circle / Loop pool


 日本のインストバンド。2013年たぶん1枚目。個人的にはMichael hedgesをバンドサウンドにしてリズミカルにしたような印象を受けた。

 エレアコの柔らかく透明感のある音が特徴的な、複数のギターによるフレーズの反復の繰り返しと絡み合いを主としたミニマルな曲がアルバムの大半を占める。聴いてる時の気分によっ

ては単調かつパンチ不足に感じられる時もあるけど、BGMとしてはちょうど良い主張具合なのか、聴いている頻度は結構高かったりする。

 新作がだいぶ前に出てるからそっちも聴いときたい。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=CV1IWMocn9g