読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Garden of delete / Oneohtrix point never


 エレクトロニカ方面の人の2015年3枚目。やっぱりOPNは凄いと思います。

 コラージュ要素と現音っぽさは残しつつ、ミニマルからグリッチへ改宗していて、前作『R plus seven』から結構変わっている。全体的にノイズが多いのと、ビート感が少し出てきて攻撃的になったように感じる。相変わらず音自体がとても綺麗で、オーディオの要素だけで楽しめるというか、気持ち良くなる。

 個人的には『R plus seven』よりも取っつきやすくて、本作の方が好き。さっさと聴いてれば2015年ベストの一角に食い込んでたと思う。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=td-e4i2BL_Q

まるで幻の月をみていたような / mol-74


 日本のロックバンド。2015年ミニアルバムとして4枚目ぐらい。

 前作『越冬のマーチ』からそれほどスパンを経ていないこともあって、大きくは変わっていない印象。裏声主体のボーカルが特徴的な、静かで透明感のあるアルバム。前作よりもボーカルの線が一層細くなり、より静かで儚くなったように感じる。

 30分切ってて若干物足りないこともあって、個人的には『越冬のマーチ』の方が好きかな。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=nEXU78ovCSQ

Ill connection / skillkills


 日本の3人組のロックとヒップホップの間ぐらいのバンド。2015年4枚目。

 前作『Illgenic』で到達点に達してしまった感じだったためか、少し方向性を変えてきた印象を受ける。変拍子と不気味でダークな要素を好む根幹部分は変わらず、ボーカルの音量が絞られてラップの要素が薄くなり、代わりにシンセが強く主張するようになってバンドサウンドからも離れ、電子音楽的な側面が強く出ているように感じる。

 ここから煮詰めていくんだろうけど、個人的には前作の方が好きだった。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=Lpw3nfSyn1I

When the world is wide / Ykiki beat


 日本の5人組のロックバンド。2015年1枚目。最初洋楽だと思ったら日本のバンドだった。

 わかりやすい80年代ニューウェイブのフォロワーで、とても手堅いけれど、自分はあまり聴かない方向性という印象。ただ、若手バンドでは珍しくハイレゾ音源も出してるんで、後が続くように頑張ってほしいと思っている。

 5曲目"Forever"だけ毛色が違うわりにやたらとキャッチーで人気ありそうなので、早晩そっち方向へ路線変更しそうな気がする。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=jVf1ANEA4Qg

2015年良かったアルバム

American footballのライブに行けただけで今年は満足です。OPNとASIWYFAとskillkillsとmotorpsychoがまだ聴けてない。

Dust And Disquiet / Caspian
https://www.youtube.com/watch?v=Azwuqj7JnMI
 やっぱりCaspianは最高なので、来日して下さいお願いします。

To pimp a butterfly / Kendrick Lamar
https://www.youtube.com/watch?v=hRK7PVJFbS8
 長くてちょっとダレるけど、皆絶賛するのがわかる。凄い。

越冬のマーチ / mol-74
https://www.youtube.com/watch?v=kDgMehGbnsk
 新作の方はまだ聴けてない。

Beneath the Skin / Of monsters and men
 https://www.youtube.com/watch?v=_-PgPZ3F9P4
聴いていてハッピーな気分になる。

Here you / toe
https://www.youtube.com/watch?v=EnTI13Spgfw
 toeのアルバムで一番好きかもしれない。ライブ凄かった。

engawa boys pentatonic punk / neco眠る


 日本の4人組のインストのロックバンド。2008年1枚目。個人的にはneco眠るのアルバムの中で本作が一番好き。

 盆踊りとか祭囃子的な要素の入った、賑やかで脱力感のあるダンサンブルなインストロック。要所に入ったピアニカがちょっとノスタルジックで印象的。また、中盤あたりダブの要素が強い落ち着いた曲もあって、踊るロック一辺倒で気疲れすることもなく、構成的なバランスも良いと思う。ただ、それぞれの要素はあっても煽りの盆踊りmeetsダブというほど融合してる感は個人的には抱かなかった。

 自分が買ったのは再発版で、オリジナルとはジャケが違っていて、リマスタリングも施されている模様。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=JSFjSIM3oMc

Lemon tea / Nomad


 ベルギーのヒップホップの人。2006年1枚目。

 フォーク要素の多く入ったヒップホップで、高めで線の細いボーカルの質感もあって全体的に緩くて弱々しく、ギャングスタラップの対極いみたいな印象のアルバム。

 ラップと普通に歌っているのが半々ぐらいで、全然ラップが無くて残念な事になっていた次作『Cats and babies』に比べると、求めていたものに十分合致している本作の方が好き。

 12曲27分と曲の一つ一つが短く、わりとあっさりとした印象。暗くてだるいんで、これぐらいの長さで丁度良いのかもしれない。

 YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=jAHaXc0t-KU